上映作品紹介

真夜中の映画祭

『14の夜』PG14

『百円の恋』で第39 回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞、
足立紳監督デビュー作は1987 年を舞台にした性春讃歌!

14の夜

4/9sun

会場 : 熊本県立劇場

記憶に新しい大ヒット作品『百円の恋』(監督:武正晴/主演:安藤サクラ)で第39回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞や菊島隆三賞、松田優作賞グランプリを受賞、脚本作『お盆の弟』も全国で異例のロングラン上映を果たし、TV ドラマ「佐知とマユ」が市川森一賞にも輝くなど今最も注目を集め、次作が熱望されている脚本家・足立紳。元々は演出家志望で、相米慎二にも師事していたという同氏の監督デビュー作に、『百円の恋』や『お盆の弟』スタッフが集結。主人公・タカシ役にはオーディションから選ばれた新人・犬飼直紀、ダメ過ぎる父親に光石研、幼なじみのメグミにSUPER GiRLS の浅川梨奈、ヤンキー同級生・金田役にTV ドラマ「仰げば尊し」の健太郎。1987 年を舞台に、いつの世もくだらない事に必死な中学生男子の悶々を描いた愛すべき”性春讃歌”が誕生したーーー!

※14歳未満の観覧は保護者の同伴が必要です。
映倫管理委員会(映倫)による映画観覧年齢制限です。
PG12※:親または保護者の助言があれば12歳未満の方でも鑑賞できます。

脚本・監督:足立紳
出演:犬飼直紀、濱田マリ、門脇 麦、和田正人、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、
健太郎、青木 柚、中島来星、河口瑛将、稲川実代子、後藤ユウミ、
駒木根隆介、内田慈、坂田聡、宇野祥平、ガダルカナル・タカ /光石研