上映作品紹介

真夜中の映画祭

ぼくたちの家族

数々の章を総なめにした「舟を編む」の石井裕也監督が、「家族」に向き合い、全力で挑んだ最高傑作。
早くも、2014年を代表する日本映画が誕生しました。

ぼくたちの家族

4/8sat

会場 : 菊池文化会館

「川の底からこんにちは」でブルーリボン賞監督賞を歴代最年少で受賞、さらに2013年、「舟を編む」で第86回米国アカデミー賞外国語映画賞部門日本代表作品に選ばれるという快挙を成し遂げ、同作は日本映画の映画賞を総なめした。今や世界から注目される存在となった石井裕也監督が満を持して選んだテーマ、それは自身が描き続けてきた(家族)。だが、私たちはオープニングからほんの数分で気付く - 今まで観てきたどの<家族映画>とも、全く違うということに。監督が「本気で家族というものに向き合いたかった」と、家族がもつ<業>に全力でぶつかった渾身の一作。これまで描かれることのなかった、けれど誰もが知っている真の家族の姿がここにある。

原作:早見和真「ぼくたちの家族」
監督・脚本:石井裕也
出演:妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、長塚京三、黒川芽以、ユースケ・サンタマリア、鶴見辰吾、板谷由夏、市川実日子